ペット葬儀での生前予約に関する問題【プラン変更と適用時期】

生前予約のメリット【割引サービスで費用負担を軽減できる】

ペット葬儀の生前予約に関するQ&A

気になる部分を徹底解説

生前予約をして1週間もたたずに愛犬が事故に遭ってしまいました。この場合生前予約プランの利用はできませんよね?
当社での生前予約サービスは、予約確認書に記載し、2週間が経過してから適用されます。1週間が経過していない段階では適用がなされていないので、生前予約によるプランはご利用できません。通常の葬儀プランでご依頼ください。
とりあえず今は生前予約だけをして、後から葬儀プランを変えることって可能ですか?
当社では、生前予約後の葬儀プランの変更は可能です。当社では生前予約による割引サービスも継続して適用いたします。プラン変更後は、葬儀の費用も変更後のプランに変わりますので、変更前に必ず予算について確認してください。また、当日に生前予約の変更をする場合、別途キャンセル料が発生する場合もあります。変更後の費用の総額については、スタッフにお尋ねください。すぐに見積もり書の作成と提示を行ないます。

生きているうちにできること

家族の一員として可愛がっていたペットが亡くなってしまうと、多くの人が「ペットロス症候群」に陥ってしまいます。このペットロス症候群とは、愛着のあったペットを失うことで強いショックを受け、喪失感や悲しみといった感情に抱き続ける症状です。このペットロス症候群に陥らないためには、常にペットに対して100パーセントの愛情を向ける必要があります。重度のペットロス症候群になる人の特長は、普段扱いをなおざりにしてしまったことに「罪悪感」を抱いていること。普段あまり愛情を示していないと、亡くなった後に「あの時こうしていれば…」といった思いがこみ上げ、精神的な負担が大きくなります。いつ、どんなタイミングでペットがいなくなったとしても後悔しないように、100パーセントの愛情で接してあげれば、亡くなった後もペットロスにならずしっかりと見送ることができるでしょう。ペットロスを回避する方法として、生前予約を行なう方法も有効です。事前にしっかりとペット葬儀の予約を入れれば、葬儀後に後悔をすることもありません。また、予約を行なうことで亡くなってしまった後の心構えができるようになるのです。